オンラインカジノの利用を禁止する法律がない

25-08

意見が専門家の間でも分かれるところです。はっきりと申し上げましょう。

安心してください違法ではありません。なお、ライセンスをもらってその国でオンラインカジノの会社は合法的に運営されているため、取締りは至難と言われています。

パチンコや競馬のようなギャンブル性の非常に高値賭け事が合法であるなら、管理人としては、それらと比較してはるかにギャンブル性の矮小(控除率2~5%)オンラインカジノは現状のように、スタンス的には「利用を禁止しない」という感じでいいと思っています。詳細に以下にご説明しますが、一言で言うと「オンラインカジノを安心して楽しめます」ということです。

また、オンラインカジノプレーヤーは日本では数十万人いると言われていますが、ひとりもまだ取り締まられてはいません。しかし、法律がないため、合法とは言い切れないのが現実です。

また、オンラインカジノが最近NHKのTVで放送されたり、全国いろんなところで石原元東京都知事を始め税収を増やすため、カジノ設置の動きが出ていますし、オンラインカジノも娯楽として今後はだんだん認められ、徐々に広まっていくのではと管理人は思っています。明文で規定した法律は日本国内から参加することについてはなく、まだ判例も出ていません。

取り締まることはオンラインカジノの利用を禁止する法律がない現在は、難渋でしょう。アンティグアなどのカリブ海諸国、英領ジブラルタル等の各国政府によりオンラインカジノはライセンス(運営免許)を受けて合法的に運営されています。

そもそもオンラインカジノが違法なのか?これって心配ですよね。日本の刑法の適用を国外のオンラインカジノは受けることはないため、適用を一方にのみするのは困難です。

もし、オンラインカジノが将来取り締まられるとすれば、通達が事前に出るはずであり、安心してそれまではプレーできます。適否が現行法で問題となるのは、同法186条1項(常習賭博罪)刑法185条(単純賭博罪)ですが、必要的共犯ないし対向犯、すなわち相手方とセットでこれらは違法とされる犯罪です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

25-04

2016.8.9

過去のペイアウト率も公開

例えば、ペイアウト率は100万円の賭金に対し98万円を当選金として払い戻しているならば、98%ということになります。管理人がサイトで紹介して…

ページ上部へ戻る